Rollei Retro400s と D-76

b0366473_18191296.jpg

前回まではRollei Retro80s について連載したが

その中で「D-76で現像した経験がない」と記した

なのでカメラの中に未露光が多く残っていたRetro400s を「消化」して

Kodak D-76 で現像処理して見た

今まではRodinal でしか処理したことがなかったので結果が楽しみだった

まず迷ったのが現像時間

フィルムの箱の内側にはメーカーが推奨する時間が記されている

それによると・・・

『 20℃ 1+1 16min. 』

しかし多くのマニアが参考にするサイト内では

『 20℃ 1+1 11min. 』

この5分の差は何だろう?あまりにも大き過ぎる

どちらを取るか?となればオーバー側を選択するのは当然の話

しかもフィルムメーカー推奨ということもある

実際に現像を終えてネガを眺めると 実に良い

独特の黒の締まり(ネガだと白から透明に抜ける)がわかる

そして粒状性が実に良い

D-76 独特の綺麗に並ぶ粒子が見える

Rodinal だとこれが大きく目立つ

また静止現像だとツルツルになってしまう

1+1にしたこともあってシャープネスもやや上がる

真鍮にクリアラッカーを施したトランペットの質感がよく現れている

これがMAMIYA ではなくRollei のカメラだったりすれば また違った雰囲気になったはずだ

しかし私個人はこのレンズの描写がとても好きだ

これも機会があったらプリントして見たい

そこで初めて本当の粒子構造を確認することができるはずだ

シャープネスこそやや劣るかもしれないが

シャドウの滑らかさと粒子の細かさと言う点では

D-76 に分がある様な気がした

やはり万能であり 優れた現像液であると言える


MAMIYA C330S
SEKOR 80mm F2.8(old type)
Rollei Retro400s
Kodak D-76
20℃ 1+1 16min.

*今回は黒が多いカットなのであえて白枠を付けてみました







[PR]
# by pianoartech312 | 2017-04-29 19:00 | モノクロフィルム | Comments(0)

b0366473_17511313.jpg

過去にこのフィルムを購入したのは一度だけだ

5本をまとめて購入した

それ以来 同シリーズの400s は度々使用することがあったが このフィルムは使用していない

今年は来月からの撮影にはFOMAPAN100 とRollei Retro80s を併用してみるつもりでいる

ただ 過去に使用した時の現像処理は全てRodinal での静止現像だった

時には1+200 で80分という処理もした

その影響もあって実にシャープネスが高く ただでさえ粒子が小さいフィルムなのに

ツルツルと言える様なネガになっている

静止現像をすることで粒子は細かくなるが コントラストは低くなる

それでも元々ハイコントラストなフィルムであるがゆえに その影響を感じさせないのだ

実は400s にしろ80s にしろ Rodinal 以外で処理したことが無い

掲載したこの写真もRodinal 1+200 で静止現像している

次回はD-76 での処理を考えているが 恐らくは黒がより一層 濃くなるのでは無いかと思っている

もちろん実際にプリントしてみないことには分からない

何より 過去に撮影で使用した80s のネガをプリントしたことが無いのだから話にならない

今は『表現の最終形』は『プリント』なので そこでどうなるか?が最も重要になる

実際に女性を撮影する前に Rodinal で現像処理したネガとD-76 で処理したネガをプリントしてみようと思う

その結果がどうなるかによって 今後の方針を決めてもいい




[PR]
# by pianoartech312 | 2017-04-28 19:00 | モノクロフィルム | Comments(0)

b0366473_17511403.jpg

この日は冬晴れで 日中は暖かさを感じるほどだった

ただ年末近いころで 一年で一番太陽高度が低い時期だった

路地裏で撮影しているが 彼女の顔が潰れない様にと塀のそばに位置付けて

わずかに当たる日差しをレフ代わりにしたのだ

カラーだったら完全に色カブリしている

このフィルムはzone が狭いと再三記してきたがこの写真のハイライト部分はそうでも無い

意外と出ていると思える

スキャナーで読み込むと黒が潰れる傾向にあると以前からも記しているが

実際にプリントすると案外とシャドウが出ることが多い

彼女のコートの右側のボタンが黒に沈みかけているがネガの上では確認できている

やはりこの写真でも特筆するべきところは彼女の足元だ

足は見えていないが 石の質感が絶妙に表現されている

そしてイミテーションではあるが竹で組まれた塀のシャドウからグレーの部分

これも見事なグラデーションだと思う

そして何よりもポートレイトで肝心なのは女性の顔だ

この場合も彼女の顔は十分に明るさが保たれ 影の部分も綺麗に表現されている

このフィルムの販売文句には「ポートレイトに優れた威力を発揮します」と記されている

以前なら「そんな事は無い!」と思っていたが今は違う




[PR]
# by pianoartech312 | 2017-04-27 19:00 | Portrait | Comments(0)

b0366473_17511895.jpg

この日はあいにくの雨模様で寒い日だった

ただ広い公園だったこともあって何も遮る物もなく意外と明るさは確保できた

それにレンズシャッターの二眼レフだったので80s でもイケルと踏み込んだ

どんより曇り空なら必然的にコントラストは下がる

輝度差が乏しいためにメリハリがなくなりシャドウ〜ハイライトの差が曖昧になるからだ

しかしこのフィルムはこんな状況こそが威力を発揮する場面なのだ

空は完全に飛んでしまっている様に見える

しかし彼女の向こうに見える木々の色の違いが明確に出ていることに驚く

手前の大きな木は黒く表現されているが なぜ向こうの木々は分離したのか?

その理由は分からないが 芝生のグラデーションを見ても同じことがわかる

彼女が差すビニール傘も明暗が実によく現れている

なのにFOMAPAN100 ほどの「硬さ」を感じない

今 こうして改めて見ても面白いと思う

やはりプリントして見たくなった







[PR]
# by pianoartech312 | 2017-04-26 19:00 | Portrait | Comments(0)

b0366473_17511342.jpg

このフィルムは「スーパーパンクロマチック」に分類される

しかも赤外線への感度が750nmとされていて フィルターを併用すれば赤外線フィルムにもなる

(人間の肉眼では390〜700nmが可視領域とされている)

なのでカメラの出し入れでも神経を遣わないと感光してしまう恐れがある

実際に私も裏紙の模様が写り込んでしまった経験がある

そして実に黒が濃く 密度も高いのが特徴

Adox Silvermax はzone が広く シャドウからハイライトまでが実に美しいのだが

このRetro80s はそれとは違った美しさがある

そしてzone は極めて狭いと言えるのだが 個人的にはグレーはそれなりに幅があると感じる

つまりシャドウとハイライトは極端だがグレーは階調が豊かであると感じている

この写真は春の晴天時に撮影しているが

意外と未舗装の路地が綺麗に出ているのが見て取れる

そして向こうに見える海も 水平線を挟んで空と分離しているのがよくわかる

それだけグレーが広いのだ

それはFOMAPAN100 とは明らかに違う

このフィルムで女性を撮るとどうなるのか?

実は過去にこのフィルムで女性を撮影したことがあった









[PR]
# by pianoartech312 | 2017-04-25 19:00 | モノクロフィルム | Comments(0)