彼女の休日(1)

b0366473_12332648.jpg

彼女は今頃の季節がよく似合う

彼女自身もよく私に言うのだが特に冬は嫌いらしい

前回は2月の撮影だった

冬のわりには暖かいと思える日だったが曇りがちで雨も降った

口には出さないものの 表情は冴えないし 「眼」が活き活きしない

今回は恐らく日本の「四季」の中において一番良い季節だろうと思うこの日に撮影した

そしてテーマは「休日」

おしゃれでブランドショップが立ち並ぶ ここ表参道での待ち合わせ

地下鉄の出口を出てすぐに有名ブランドショップがある

その前で彼女の姿を見つけた時に私は嬉しくなった

前回とはまるで違う 本当に綺麗で可愛らしいとも言える彼女の姿がそこにある

私は出口を間違えて道の反対側に出てしまった

彼女はまだ私に気づいていない

もうしばらく こうして彼女の姿を見ていたくなった

ここしばらくの暑さに私が参ってしまうかもしれないと心配していたが

すでに彼女の姿に参ってしまった・・・


[PR]
# by pianoartech312 | 2017-05-24 19:00 | Portrait | Comments(0)

b0366473_13394663.jpg



今回のプリント実習には先日も記事にした幾つかの「新兵器」で処理したネガを持参した

まずは現像液の「Rollei Supergrain」

そして印画紙の「Adox MCP312」

現像が終わり 乾燥のために吊るした状態でチェックすると非常に心地良かった

だからプリントも楽にできるのではないかと容易に想像できた

実際にスキャナでPCに取り込んで画像編集していてもそれは変わらない

ところが実際は全く違った

テストピースを焼いた段階ですでに迷った(笑)

「とりあえず1枚は焼いて見ないと・・・」

とにかく硬い

フィルターは入れていないのに硬い

なのに黒が出ない

でも白は出ている

先生に見せると「1号を入れてみなさい」とアドヴァイスを下さった

フィルターの標準は2号

つまり2号を境に数が多くなれば硬くなるし 少なくなれば柔らかくなる

今まで柔らかくしたことがなかったので戸惑った

それでもう1枚

自分の目を疑った

「露光時間の計算を間違えたか?」

それを先生に言うと「まだ硬いな・・・ハーフでやってみて」

ハーフとは単純な1/2のこと

結果から言うとそれでもまだダメだった

「お前、どんな現像した?」

ありのままを説明すると先生も首をかしげる

「じゃあ、0だな」

これ以上のフィルターはない

さらに露光時間をかけてみると・・・

まぁ 悪くないと言うところか?

そんなこともあって この1カットを完成させるのに5枚も焼いた

そんなこんなを8カット分もやったので感覚がわからなくなった(笑)

掲載の写真が0号フィルターを介して露光したプリント

本当は地面が見えていて 並木の影も写っているはず

もちろん焼き込みをすれば微かにでも写るはずだが それをやる気力が失せた(笑)



ただ この現像液はとてもシャープだし粒子も実に美しかった

そして印画紙もとても良かった

特に和服の女性には本当に「しっとり感」があって嫌味がない

FUJIFILMの同タイプのものと比べても質感がまるで違う

ただ硬すぎたのだ


次回からは希釈を多くしてコントラストを少し下げる工夫をしてみようと思う

撮影時の天候にもよるが コントラスト調整用フィルターは無くても良いかもしれない

実は今回のネガもほとんどはフィルターを入れて撮影はしていない


まだまだ経験したことのない事態に遭遇する

でも今回のネガは言い方を変えれば「良いサンプル」だったのだ

苦労はしたが それなりに「作品」にできたことが今回の成長の証だと思うようにする

やはりモノクロプリントは奥が深い

だから面白いのだろうな

次回は必ずリベンジしてみようと誓った!(笑)



[PR]
# by pianoartech312 | 2017-05-23 19:00 | Portrait | Comments(0)

b0366473_06594183.jpg

今回は正真正銘の「新兵器」だ(笑)

とはいえ 単なる印画紙ではあるのだが

初めて使う紙なので「新兵器」となる

Adox の印画紙は以前にも5×7で一度使用したことがあるがグロッシータイプだった

今回は「パール」 つまり「つや消し」と言えるタイプ

前回 「印画紙にはあまりこだわりが無い」と記したが

フィルムほど明確に違いが出ないと言うこともあって どれでも同じと言う感覚がある

ただ選択肢がある以上 試して見たくなるのも悲しい性で

どんな絵が出てくるのか楽しみなのである

メーカーによってコントラストの違いがあることはある

比べて見ると黒の出方が違っていたり シャープネスが違うかな?と思うものもある

フィルムや現像処理が高コントラストを好むので印画紙はそれを忠実に再現してくれたら文句は無い

この記事が出る頃にはすでにプリントを終えているはずだ

報告は追ってすることに。。。




[PR]
# by pianoartech312 | 2017-05-22 19:00 | 現像関連 | Comments(0)

b0366473_19260303.jpg

別に「新兵器」でも何でもないのだが

タイトルを統一している以上 これも「新兵器」として扱うことにする(笑)

FUJIFILMのモノクロ用印画紙が生産中止となった

厳密には「多階調紙」に限るのだが それがメインなので事実上の撤退と言える

もちろん他のメーカーは供給があるので問題はないのだがやはり寂しいものがある

私は印画紙に関してはフィルムほどのこだわりが無い

確かに ヨーロッパ製のものは独特の柔らかさがあり黒の表現もそれぞれ異なるのが面白いが

それは見比べてみて初めてわかるレベルかもしれない

9月の写真展には半切サイズでプリントしてA3のフレームに納める予定なので この「半切」の印画紙が必要だった

印画紙もフィルム同様に「消費期限」があるのだ

それを過ぎると値引きが始まる

そして今回は運良く その「期限切れ」商品が在庫として残っていたのだ

方や今年3月が期限の印画紙で半額

方や今年5月が期限の印画紙で20%引き

実は以前にもそうした商品に出会ったことがあったのだが「確信」が持てなかった

『本当に大丈夫だろうか?』

そのことを暗室のスタッフに言うと『全く問題ないですね♪』とアッサリ言われてしまった

それを後悔していたので今回は有無を言わずに手にとって会計を済ませた

それなりの出費を覚悟していたので本当に助かった♪

b0366473_19260136.jpg


あとは作品の撮影のみだ

まずは何時もの様に5×7でプリントをしてイメージを作り上げる

それをサンプルに大伸ばしプリントをする

もう5月が終わる

私に残された時間はさほど多くは無いと構えると少々焦る

でも どうにか全ての作品を自家手焼きプリントで出品することができそうなので

それだけでも私個人として嬉しい

多くの人にみてもらいたいと思う







[PR]
# by pianoartech312 | 2017-05-21 19:00 | 現像関連 | Comments(0)

Fleur de jasmin(5)

b0366473_15154034.jpg

【モノクロフィルムの比較】

今回は予告通りにRollei Superpan200 と Rollei Supergrain の組み合わせだった

和服の女性をモノクロームで撮影するのはとても難しいのは重々承知している

過去にも何度となく経験はしている

コントラストの強弱で和服の質感を出せるかが勝負だと思う

そう言う意味ではこのフィルムは有利かもしれないが その反面 ゾーンが狭い

つまりグレーの領域が狭く シャドウからハイライトの境が極端とも言える

柔らかさという意味ではちょっと不足するかもしれないが それでも表現の仕方はある

この連載の一番初めに使用した写真と同じ状況で撮影している

桜の葉をこのくらい彼女の周りを囲みたかった

シャープネスとコントラスト シャドウとハイライト

どれも実に良い

現像が上がってネガをチェックした段階でメリハリのある絵があった

これもY2フィルターを使用しているが適当な効果を得られていると思う

ただ後になって思ったのだが このフィルムを使う場合はよほどのことでもない限りは

コントラスト調整用フィルターは不要なのではないか?

もし必要であったとしても それはプリントの段階でコントロールできる範囲だと思う

下手に快晴で輝度差があれば このフィルムは十分に対応してくれる

次回の撮影ではそれも意識してみよう

プリントすることが楽しみになった・・・



MAMIYA645Pro TL
SEKOR C80mm F1.9N
Y2
Rollei Superpan200
Rollei Supergrain
1+9 22℃ 6m30s



[PR]
# by pianoartech312 | 2017-05-20 19:00 | Portrait | Comments(0)