「ほっ」と。キャンペーン

ロジナールを考える(3)

b0366473_17463328.jpg

ロジナールの標準希釈は1+50 とされている

それよりも濃くすればコントラストが上がり 粒子も目立つ

薄くすればコントラストが控えめになり 粒子も小さくなる

この作例は濃くしたネガで1+25 

フィルムは前回の作例にあった静止現像したネガと同じなのに こんなにも質感が変わる

このくらいだと「モノクロームらしさ」があると言えるのではないか?

b0366473_18101598.jpg

この作例も上の写真と同じシリーズのフィルムを使用して1+25 で処理しているが

ISO80 で「スーパー・パンクロマチック」と呼ばれるタイプのフィルムなので

元々 解像度も高くシャープネスとコントラストも高い

それゆえ 同じ処理でも質感がだいぶ違う

D-76 ほど多くのフィルムに対して寛容ではないが

それでも時にハッとするような画像を結んでくれるのがこのロジナールだと思う





[PR]
by pianoartech312 | 2017-02-17 19:00 | 現像関連 | Comments(0)