コンタクトプリントの作品性(1)

b0366473_17400822.jpg

ある程度の写真歴がある人や

モノクロフィルムの自家プリントをされる方なら「コンタクトプリント」をご存知だと思う

一昔前なら「べた焼き」と呼ばれたプリントだ

今は現像したフィルムをスキャナで読み取って閲覧することができるので 

それを代用にしている人が多いと思うし 実際のところ私もその一人だ

しかし 今になって思うとこの「コンタクトプリント」は実に「作品性」が高い

このシートからめぼしいカットを選び ネガと照らし合わせて印をつける

それをネガキャリアにセットして露光する

それが一連の流れだ

私はこのコンタクトシートだけでも十分に満足してしまう

一本のフィルムの約8割を一度に見ることができる(六つ切印画紙の場合)

このシートだけを集めてアルバムにすると それもまた面白いはずだ

ネガの原寸大なので35mmフィルムの場合は見づらいかもしれないが

120サイズなら見応えもある

今年の写真展には これらのシートも一緒に来場者に見てもらえるようにしたいと思っている




[PR]
by pianoartech312 | 2017-03-24 19:00 | 現像関連 | Comments(0)