2017年 01月 30日 ( 1 )

b0366473_19310803.jpg
Kodak 400-TX / D76


私が求めているのは綺麗なグレーではない

少々大きめの粒子と ややキツめのコントラスト

そして極端に浅い被写界深度も加えられるかもしれない

デジタルでRAW編集をされる方ならご理解いただけると思うが

「コントラスト」と「明暗」は違う

「コントラスト」はモノクロフィルムでいうならzone の幅だ

わかりやすくいえば「トーンカーブ」の理論に近い

「レベル補正」とはまたちょっと違うのかもしれない

実はデジタル補正に関しては私はめっぽう疎い(笑)

「明暗」は単に現像時間や温度で変化をつけることができる

「コントラスト」は希釈や温度で変化をつけることができる

もちろん「撹拌」の有無や回数・間隔でもつけることができる

あとは現像液の性格で決まる

だから難しい

上の写真はかなりキツイ

ただこれは現像処理やフィルム云々ではなく

撮影現場の状況も大きく影響している

単に「柔らかい」というのは人によって感覚が違うかもしれないが

一般的には「低コントラスト」のことを言う

あとは「階調が滑らか」と言うのもあるかもしれない

「階調」とはシャドウからハイライトに向かう過程が実にゆるい坂道であることを指す

一口に「グレー」と言ってもその種類がたくさんあることを意味する

フィルムはデジタルとはそこが大きく違う

だからデータ化してモニターで見ることに余り意味を成さない

私はこの写真は「柔らかい」と思っている

それはフィルムとレンズの相性も良かったのかもしれない

階調は滑らかとは言い難いかもしれないが ややキツめのコントラストと

微妙に目立つ粒子とハイライトが作り出すグレーが気に入っている

そう これが今の私の「好み」なのだ


b0366473_19432925.jpg
ILFORD HP5 Plus / ID-11


この写真と先の写真は同じような環境で撮影されているが表現はまるで違う

「コントラスト」がやや弱い

黒が多いこともあって一見 締まって見えるが実はグレーがかなり広い

そして粒子も細かい

もちろん 優劣では無い 好みの問題だ

今の私ならこうしたネガにはしない

さて 皆さんはどう思われるだろうか?




[PR]
by pianoartech312 | 2017-01-30 19:00 | ポートレイト | Comments(0)