2017年 01月 31日 ( 1 )

b0366473_19491801.jpg
Kodak T-MAX400 @800 / R09


いつもいつも インドアの階段で撮影するわけにはいかない(笑)

アウトドアなら嫌でも明るさは増すし 

日差したっぷりのインドアでも同じことが言える

そんな条件でも「美しいネガ」を作るにはどうれば良いのか?

答えは簡単では無い

でも出来るだけの対策は施したい

この写真は2段増感して敢えて粒子を出している

ロジナールの標準希釈よりも濃いめの現像液でコントラストを出すように仕向ける

実際は彼女の顔はここまで明るく無い

窓の外は完全に飛ばすことにして彼女の顔を「持ち上げる」ことにした

おかげで彼女の右腕も飛んでいるが それでも髪の黒は保てた


b0366473_19561679.jpg
Kodak 400-TX / D-76


この写真も秋の夕方に撮影していて天候は曇りだった

条件としては眠いネガを容易に作り出してしまうかもしれない

なので露出を多めにかけた

と言うよりは露出計の指示通りに撮影した

それが良い結果を招いたのかもしれない

モニターでは見えないかもしれないが彼女の背景の空には雲が写っている

一般的な処理をしているはずなのだが 何故ここまでコントラストが上がったのかわからない

もしかしたら温度が高かったかもしれない

しかし今の私には「美しいネガ」になるのだ


今まで上げた過去のネガをプリントして見るつもりだ

どう言うプリントになったかは後日改めて報告します・・・







[PR]
by pianoartech312 | 2017-01-31 19:00 | ポートレイト | Comments(0)