「ほっ」と。キャンペーン

2017年 02月 12日 ( 1 )

『写真』の完成形

b0366473_09584419.jpg

私は以前から「写真はプリントをして完成する」と言ってきた

今でもその考え方には変わりはないが

ではプリントされた写真はどうなるのか?

私の場合は女性を撮影することがほとんどなので

モデルとなってくれた女性に差し上げることにしている

そのほかにコピー(つまり焼き増し)をデータ用として保存しておく

テストプリントや焼き直しをしたプリントについても保存はしておくが

それらのプリントを額装して飾ることにしてみた

過去に撮影したカラーネガやポジの写真は数点だけ飾っている

しかし自分が焼いたモノクロプリントをそこに並べるとちょっと感動する

たかだかキャビネサイズのプリントでも存在感があることに驚く

「あぁ、これが本当の『完成形』なんだな・・・」

そう思えた

今後撮影する女性にもプリントしたモノクローム写真を差し上げるつもりだ

ちょっとした所に飾ってもらえたら私は本当に嬉しく思う

この1枚を撮影・現像・プリントの工程を経て完成させるには多くの手間と時間と経費もかかる

それだけ私の「気持ち」が込められていることを伝えてみたい

形はどうでもいい

デジタルでもいいのだ

紙として出力して飾る行為が大切なことなんだ

スマホの中やハードディスクの中に留めておいては意味がない

SNS の中で見ることができてもそれは見る人それぞれの環境で違うものになってしまう

私はもっとプリント技術を磨きたいし 現像技術も研究していく

これが今の私の『表現としての完成形』だからだ




[PR]
by pianoartech312 | 2017-02-12 19:00 | Portrait | Comments(0)