2018年 01月 10日 ( 1 )

b0366473_14191443.jpg


前回と全く同じ環境下で撮影したモノクローム

この日も35mm判で撮影した

前回の写真と見比べても 彼女の背景が大きくボケたことで

厳かさを醸し出す柱の存在感が完全に薄れてしまった

むしろ柔らかささえ感じてしまう

それがモノクロームだ

もちろん絞り込んでメリハリを出せば同じようになるはずだ

コントラストを高くしてもモノクロフィルムが得意とするグレーゾーンの表現により

全体的に滑らかにも見えている

彼女の足元は完全に潰れているが不自然さは無い

こうした奥行き感はモノクロームが良いかもしれない





[PR]
by pianoartech312 | 2018-01-10 19:00 | Portrait | Comments(0)