「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0366473_18403889.jpg

新年度に変わり これまでに色々なテストを繰り返してきた

それは如何に理想のモノクローム写真を撮影・現像して仕上げるか?が大きな課題だからだ

その中で私は一つの理想的なフィルムを見つけることができた

Adox Silvermax100

これは実に深い趣と シャドウ・ハイライトの再現 微粒子 シャープネス

どれを取っても理想だった

ただひとつの難点は『ISO100』であること

加えるならば『120 サイズが存在しない』ことだ

ISOに関しては技術的な問題があるらしい

古典的キュービック粒子構造のフィルムにおいては解像度105Lp/mm という驚異的な数字が出るのは

このSilvermax100 と同じくAodx CHS100Ⅱ しか存在しない

(**他の古典的なキュービック粒子構造のFP4+、RPX 100、Plus-X、Fompapan 100、Kentmere 100、APX100 Newといったフィルムは、解像度70-80Lp/mm)

その数字を犠牲にしたくないのか ISO400 などは存在していないのだ


ならば増感はできないのだろうか?

もちろん増感できないことはない

ただこの『増感』というキーワードについては色々と誤解がある

決められた感度は何をしても増えないのは既成事実だ

それを半ば強引に引き上げるのだから色々な犠牲を伴う

この解像度を壊すのだから何ともったいないことか!

しかし その『犠牲』がどの程度なのかを知りたくなるのも自然だと思った

そして各方面の情報を集めて 一つの現像時間を導いた

これは以前にテストした「適正露出を見つける」からの経験値がとても大きい

それからメーカーや他の人が試みたデータを参考にしてみたのだ

その結果が以下の画像になる

*********************************************************************************

b0366473_18404494.jpg

ある 歴史的建造物を訪ねた

趣のある木造建築で 今は公民館として利用されている

重い鉛色をした厚い雲がおおう天気だったがそれが理想だった

出来るだけ露出値が厳しい状況下で試したかったからだ

公称感度はISO100

そして私がテストをした結果「ISO80 での撮影が理想」としていた

今回はISO200 への1段増感を試みた

b0366473_19290818.jpg


薄暗い館内に入ると2階へ続く階段がある

採光窓からの光だけが頼りだ

カメラはMAMIYA35Ⅲを使用している

解放で撮影すればハイライトが滲むことは重々承知している

しかしここはそれを利用して不思議な絵を作りたかった

窓の外に見える桜の木が独特のシルエットになった

すでにここだけ多重露出をしているかのような錯覚に陥る

b0366473_18403499.jpg

露出計の値通りならもっと明るくなるが その数字は1/8

ローキーにしたいなら1/30で大丈夫だ

+1の効果はここでも大きい



b0366473_18403244.jpg

今度は場所を移し 比較的新しい洋館を訪ねた

まずは外からの撮影

このフィルムは本当にすごいと思う

ハイライトとシャドウのバランスがある意味不自然にすら思える

とても現実的ではない

b0366473_18405075.jpg

実際の外壁は薄いピンク色をしている

外から窓の中にある照明器具にフォーカスを合わせて撮影してみる


b0366473_18402979.jpg

今度は館内にて撮影してみる

照明の点いていない部屋は窓からの光が鈍く しかし優しい雰囲気を作り出してくれる

こうした状況下では中間層からシャドウにかけて粒子が目立ち始めるものだが

増感による粒子が気になるほどではない

微粒子とは言えないまでも下手な微粒子フィルムよりはよほど良好だと思う

カーテンの質感が見事に再現されている

b0366473_18402584.jpg

試しに露出計通りのスローシャッターで撮影してみる

窓からの光は完全に飛ばしても良いと思った

ただレンズの特徴でもある滲みを少なくしたかったのでF4に設定

確かに窓は飛んだが それでも窓枠や桟は耐え残っている

このフィルムはzone14 までも再現できるフィルムだった


*********************************************************************************


今回も現像液はAdox Atomal49 を1+1 で使用している

一応は「純正」であるから期待はしていた

ただ増感による粒子の荒れも覚悟はしていた

しかし それは良い意味で想定の範囲を超えていた

つまり想像していたよりも影響が少なかったのだ

そして先述しているが 露出値を+1/3 にしている

例えば露出計の値が1/125 であれば1/100 というように


あとは季節が良くなり現像液温度を20℃に保つことが容易になったのも良い

水道水が概ねこの温度だからだ

これでこのフィルムでISO200 設定で撮影することにGO サインを出せる

もちろん増感はしないに越したことはない


また今回もMAMIYA35Ⅲの描写とこのフィルムの組み合わせが良いことも立証できた


MAMIYA-35Ⅲ
SEKOR 42mm F2
Adox Silvermax100 (1段増感)
Adox Atomal49 20℃ 1+1 12min. 30/30/5


















[PR]
by pianoartech312 | 2016-10-31 19:00 | 現像関連 | Comments(0)

テストモデルという存在

b0366473_09501286.jpg

私は一年間で のべ30人前後の女性を撮影する

ロケーションは色々だが イメージした絵を撮るには時に知らない土地に出向くこともある

地元である横浜や鎌倉でさえもまだ知らない場所はたくさんあって

その度に自分で足を運んで下見をする

そして「ここはイケる」と思ったら今度は『テストモデル』を連れてロケハンになる

このテストモデルは表には出ない(出さない)約束になっている

そしてテストモデルは本当にハードだと思う

ロケハンに付き合ってもらうが故に無駄足もあるし

一緒に考えてもらうこともある

時に少々足元が危険と思われる場所に行くこともあるのだ

それでも彼女のおかげで本番の撮影では無駄なくスムーズに そして安全に事を運べるようになる

何よりもその場所で撮影するにあたり 時間やライティングを検証することができるし

女性を撮影するということは同じことなのでイメージがつかみやすい

私の撮影にはこのテストモデルの存在は外せない

上の写真を撮影するにあたってもテストモデルを連れてテスト撮影をしている

もちろん全てがテスト撮影通りに行くわけではないが でもそれがあるからこそ「偶然のチャンス」を逃さない

プロ野球などにおいてもブルペンキャッチャーや打撃練習時の専門投手などがいるらしい

それにはそれなりの「プロ」としての技術はもちろん資質も問われるのだろう

決して表には出ない「裏方」は各方面で必ず存在しているはずだ

そして彼ら無しでは多くのことが順調に進まないのかもしれない


私のテストモデルを務めてくれる女性も表に出ることはないが

彼女無しでは私の女性ポートレイトは成り立たない

本当に感謝している・・・

そうした事を撮影している女性に話すこともあまり無いのだが

色々な事情で今回も新たにそうしたテストモデルを探すにあたり その存在を公表することにした










[PR]
by pianoartech312 | 2016-10-30 19:00 | Portrait | Comments(0)

OLYMPUS ACE というカメラ

b0366473_14010891.jpg

ようやくテスト撮影に出かけることができた

雨の降りそうな重い空だったが 返ってその方が理想だったかもしれない

私の頭の中では このカメラはカラーネガ用にする構想がある

もちろんモノクロでもテストはしてみるが

今日はKodak Color Plus200 を詰めてみた

上の写真はアンティークな照明器具を売っている小さいお店のウィンドウ

心配していたフォーカスも悪くない

まずは一安心だった

F=4 での撮影

b0366473_14011706.jpg

まだ9時過ぎだったのでほとんどの店は準備中

とにかく観光客が少ないうちにという思いからこういう時間になったのだ

この写真は解放で撮影した

だいぶ甘い画像になる

b0366473_14011410.jpg

同じ店のウィンドウがカラフルに飾られていたので好対照だった

フィルムの性能もあるがだいぶ落ち着いているように感じる

F=4での撮影だが 一絞りするだけでスッキリする印象になる

b0366473_14010659.jpg

こういう天気だとやや緑から青に寄る発色をするのがこのフィルムの特徴かもしれない

いや もしかしたらスキャナの問題かもしれないかな

Kodak らしからぬというか FUJIFILMに近い発色になってしまう

なのでPS で少し補正している


さてレンズの被写界深度はどうなのだろうか?

下の2枚の写真はそれを比較している

b0366473_14010485.jpg
F=5.6 で撮影


b0366473_14122770.jpg
解放値 F=2.8 で撮影

フォーカスを3m くらい先に置いている

あまり違いが見られないが 手前の被写界深度に違いが見られる

それよりも「写りの質感」つまり「コントラスト」がまるで違う

2絞りしただけでコントラストが上がる

この2カットはPS で水平を調整はしたが他は何もしていない

思っていた以上にカリッとした

b0366473_14010024.jpg

この写真もF=5.6 で撮影した

やはりコントラストが強いと思う

安いフィルムで撮影した時の質感になっている気がするが(笑)


b0366473_14005527.jpg

ある程度の接近戦になると被写界深度の浅い写真になる

当たり前といえば当たり前なのだが このレンズも最短撮影距離は80cm もあるのだ



b0366473_14005393.jpg

先出のウィンドウもそうだったが このフィルムはこうした状況が得意な様だ

ガラスの質感もいい感じで捉えているし黒の締まりも良い

これはF=4 での撮影

この絞り値が一番適当なのかもしれない


b0366473_14005020.jpg



色々な状況下でテストして見たが

何れにしてもまずはフォーカスが来ていたのが嬉しかった

フィルムの特徴もあるが 絞り値による画質のコントロールはそれなりに意識しないとならない

ただ解放値でも十分に使えるというのも分かった


これで安心して女性を撮影するのにも使うことができる

ただテストも兼ねてモノクロフィルムでの撮影を試みたい

そしてできることなら晴天下での撮影をして見たい

ただこのレンズ径のフードがそうそう見つかるものではなく

今回も曇り空でありながらもフードが無い影響が見えた

何とかしなければ。。。とは思っているが難しい問題だ



OLYMPUS ACE
E.ZUIKO 4.5cm F2.8
Kodak Colorplus200











[PR]
by pianoartech312 | 2016-10-29 19:00 | アイテム | Comments(0)

Lullaby in Autumn(5)

b0366473_21345698.jpg

【モノクロフィルムの比較】

今回は色々な意味でのテスト撮影も兼ねていたのだが

久しぶりに120 で6× 6での撮影だった

フィルムはKodak T-MAX400 を使った

これには特別な理由はなく

閉店になる近所のカメラ店で投げ売り状態のフィルムを何本か購入したうちの1本だったのだ

しかしAtomal49 と組み合わせてみたらどうなるか?も楽しみの一つだったので使ってみたのが本当のところ

結果としてはさすがにT粒子フィルムだけのことはあると実感

当然ながら一般のパンクロマチックフィルムよりも滑らかさは秀でている

ただ純正の現像液と比較した時にこの現像液はややそれが表現されていないかな?とも感じた

当然と言えば当然かもしれないが かなり期待をしていただけに少々物足りなかった

このフィルムは確かに良いフィルムだとは思う

でも「好きか嫌いか?」と言われたら「嫌い」な部類だ(笑)

今の私には「ツマラナイ」フィルムなのだ


しばらく35mm ばかりだったので久しぶりの120 の画像には引き込まれる

やはり描写には余裕がある

被写界深度が浅いことやサイズはもちろん

SEKOR 独特の描写はやはり良いものだ

でも今年はしばらく封印することになる。。。


MAMIYA C330
SEKOR 80mm F2.8(old type)
Kodak T-MAX400
Adox Atomal49 20℃ 1+1 14min,



[PR]
by pianoartech312 | 2016-10-28 19:00 | Portrait | Comments(0)

Lullaby in Autumn(4)

b0366473_17595032.jpg

コスモス畑を離れて しばらく歩いた先に森が広がる

バードウォッチングをするには最高のロケーションかもしれない

枯葉が地面を覆い それを踏みつけながら歩くとサクサクと心地良い音がする

だんだんと花がなくなってくるこの時期でも目をこらすと街中では余り見られない花が見つかる

「ねぇ、これ珍しいお花ね」

彼女がじっと見つめる先に白い花が群生していた

「ん… 確かに。何の花だろう」

私が悩んだところで答えなど見つかるわけもないのだが

そうしている間にも彼女はスマートフォンを取り出してこの花を撮影している

「写真撮って調べるの?」

「違うわよ。ただ珍しいから。。。」

スマートフォンのモニターをじっと見つめる彼女の横顔が ついさっきの顔とは全く違っていて

優しいとか 可愛いとか そういう類の言葉で表現できないもので「へぇ」と感心した

それから「今日のテーマは彼女の横顔」と思ったのだ

人間 誰でも右と左の顔は違う

さっきコスモスを見つめる左の顔がとても優しくて可愛らしかったのだが

この地面の白い花を見つめる彼女の右側の顔は何だか大人の女性の顔をしている

知性に溢れているとでも言うのか

とてもボキャブラリーが乏しいと言える彼女ではない

初めて見る彼女の表情に何だかドキドキしてしまった









[PR]
by pianoartech312 | 2016-10-27 19:00 | Portrait | Comments(0)

Lullaby in Autumn(3)

b0366473_17595143.jpg


小高い丘の斜面をコスモスが覆い尽くしている

少し肌寒いと思える様な風が絶え間なく吹き抜ける

しかしコスモスは風に揺れる姿が良いものだとも思う

ピンクや白 中にはしっかりとした赤の花もある

そんなコスモスと一緒に彼女を収めようとファインダーをのぞいた時にフッと思った

「そう言えば 何で今日は白でまとめたの?」

「え?」

「上も白、パンツも白、靴まで白!」

「別に訳なんかないわよ。ただ羽織るものがこんな色だから引き立たせようと思ったのよ」

彼女はケタケタと笑いながら理由を話す

「でも今日は君の好きな色が何もないじゃん?」

「好きな色?」

「マリーゴールド・オレンジ、水色・・・」

「あぁ、本当ね」

「でも下手に色があったらイチョウの黄色やコスモスの淡い色とのコントラストが不自然になったかもね」

「そういう解釈は説得力があるわ」


彼女はコスモスの花にそっと顔を近づける

その横顔が何だかとても優しくて素敵だった


『子守唄』を背景にしてみたら目の前の彼女がストップモーションになり

次の画像へ移るための「クロス・ディゾルブ」現象が見えた様な気がした


彼女の髪も 風に揺れていた





[PR]
by pianoartech312 | 2016-10-26 19:00 | Portrait | Comments(0)

Lullaby in Autumn(2)

b0366473_17595048.jpg

「今日はカメラをたくさん持ってきたのでバッグが重たいんだ」

私はバッグを肩から外し 彼女に持たせたみた

「うわっ!ホントに重い!」

想像を超えた重さだったのかもしれない

彼女の肩がストンと落ちた

「何でこんなに重いの?」

「あぁ・・多分このカメラが原因かな」

私は二眼レフカメラのストラップを握りしめバッグから取り出した

「うわ、初めて見るカメラ!」

「・・・そうか、前回はこれを使わなかったか」

「どうやって撮るの?」

私は一通りの説明をした

今までも 多分 全てのモデルとなってくれた女性に同じことを説明しているはずだ

「今日はこれで君に私を撮ってもらうよ」

「できるかしら?」

「大丈夫。過去にこれでうまく撮れた人は3人しかいないから」

私は冗談じみた口調で言ってみた

しかし彼女は真に受けたのだろうか 笑うことはなかった

最初の数カットだけ彼女を撮影して彼女にカメラを渡した

「わぁ・・・すごい」

「でしょ?」

「え?これって反転してるの?」

「さすが!よくわかったね。左右が反転しているから最初は戸惑うかもね」

「でも綺麗ね。。。独特の世界だわ」

「じゃあフォーカスを合わせてみて。『ここ!』って思ったらそっとシャッターを切るんだ」

「わかった♪」

多くの女性はこのフォーカスに苦労する

そしてその時間がとても長いのだ

しかし彼女は案外と早かった

「撮るわよ!」

頼りないレンズシャッターの『チッ!』という音だけがすると彼女はそのまま私を見た

「これで撮れてるの?」

誰もが抱く感覚だ

「サァ・・・どうだろうね」

私はいたずらに笑った

二眼レフを構える女性は絵になる

そして彼女の背景に見える銀杏並木の奥行きもまた彼女を引き立たせる

彼女の肩に力が入っているのがわかった

「緊張し過ぎだよ。もっと楽に♪」

「そうね」

彼女が笑った

「もう1枚撮ってみたら?」

「いいの?」

「あぁ、いいよ」

「よし!今度こそは!」

これもまた誰もが意気込むものなのだ

しかし彼女のカメラマンぶりはとても良いと思う


しばらく人通りが少なくなった

イチョウの木から銀杏の実がコンコンと音を立てて落ちてくる

その音が何だか大きく聞こえてきた様な気がした










[PR]
by pianoartech312 | 2016-10-25 19:00 | Portrait | Comments(0)

Lullaby in Autumn(1)

b0366473_17594963.jpg

9月の長雨と いつまでも居座り続けた夏の空気の影響で紅葉が遅れると予測されている

それでも少しずつではあるが 秋は深まり 

銀杏のきつい匂いが銀杏並木を歩く私と彼女の鼻をついたとしても

それはそれで気持ちの良い空気になるのだ


空を覆う大きな雲がだんだんと空の向こうに追いやられると

最後の力を振り絞るかのように眩しい日差しが私たちの座るベンチに突き刺さり

一気に「暑い」と言う感覚になる

それでもこの並木を通り過ぎる風は心地よく

しっかりとまとめられた彼女の髪をも揺らすほどだった


「今日はこの曲を聴いていみて」

私は彼女にiPodを渡して曲を再生させた

すぐ近くにあるバーベキュー広場には多くの人がいて

それぞれに思い思いのスタイルで楽しんでいるのがわかる

ただ幸いにも風上にいるため そこからの煙が届くことはなかった

一瞬 辺りが静まり返った様に思えた

しばらくして彼女が耳からイヤフォンを外した

今日の彼女の耳には大きなハートのピアスがぶら下がっている

彼女の可愛らしい耳からすれば少々大きい様にも思えたが それもまた悪くない


「どうだった?」

「良い曲だったわ」

「そうでしょ」

「前回はとても寂しい曲だったのを覚えているわ。でもこの曲は全く違う」

「どんなイメージ?」

「幸せそう・・・」

「なるほど」

彼女は自分の気持ちを適当な単語を使って表現するのが苦手なのかもしれない

彼女には失礼だが 私に言わせれば少しボキャブラリーに乏しい

でも彼女が何を伝えたいのかはよくわかる


「これはね、子守唄なんだ」

「あぁ、そうね。タイトルに『Lullaby』ってあったわ」

「もちろん、子守唄のイメージではなくて、この曲が流れる様な背景をイメージするんだ」

彼女は感心している


まだまだ落葉はしないものの 見た目にも黄色く色付いたイチョウを背景に彼女の後ろ姿を捉えると

なんだか何気無い時間が幸せに満ちている感じがした








[PR]
by pianoartech312 | 2016-10-24 19:00 | Portrait | Comments(0)

b0366473_11393101.jpg

最近 『新兵器』がテキトーになったきた感じがあるが。。。

とはいえ 私にとっての「兵器」なのだ

今回の新兵器は「カニ目レンチ」

レンズオープナーとも言われこれがあるとレンズやカメラの解体(分解)に役立つ

今までも製図用ディバイダとか精密ドライバーで対応してきたがやはりこれはイイ

かなりな力を加えても刃先が折れることはない


そしてもう一つの新兵器は「万能Jr.くん」

これは中古カメラを磨いて綺麗にするためのもの

研磨剤ではない

プラスティックにも使えるので他にも色々と重宝する

中古カメラマニアの間では 「カネヨ クリーンボーイ」がイチオシだった

しかし残念ながら製造販売を終えてしまっている

それに変わるクリーナーは各方面で販売されているが用途に分けると面白いものは多くある

研磨剤ではなく界面活性剤がメインなのでプラスティックなどでも拭き傷がつきにくい

また水を使用したくないものにでも使える

ただあまり期待をしすぎると「なぁんだ。。。あまり落ちないな。。。」となるので要注意


早速 カメラの軍艦部やレンズ周りの金属部分を磨いてみると。。。

一度では落ちなかったものの 何回か繰り返すとボロボロとまさに「古い角質」が落ちて行くが如く

だんだんと光を放つようになってきた

サビには少々不向きだが 水割りの水垢などにも効果があるらしいので試してみたい


ただ私が購入する中古カメラは昭和30年代始めのものが多いが比較的綺麗なものが多い

なので細かいところを磨くだけで済む話なのだが

やはり光るべきところが光っているのは気持ちがいい






[PR]
by pianoartech312 | 2016-10-23 19:00 | アイテム | Comments(0)

b0366473_09473506.jpg

暑いくらいの快晴のもと鎌倉散策に出かけた

今回はAtomal49 現像液の実写テストも兼ねている

ただしフィルムはLomo Ladyglay

R09で現像すると粒子が目立ち かなりレトロな雰囲気になる

中間グレーが独特で女性ポートレイトには使えそうにはない


今回の散策テーマは「水」

鎌倉に水の名所があることは意外と知られていない

本当に暑い日だったが こうした水辺に足を踏み入れるとヒヤッとする

そして私が未だ歩いたことのなかった「朝夷奈切通」がとてもよかった

b0366473_09474162.jpg


鎌倉には大小・有名・無名の切通しが多く存在するが ほとんどは通行止になっている

もともと山を切り開いただけの道なので永年の風雨にさらされて土砂崩れや落石の危険があるからだ

それに伴いコンクリートで固められたり落石防止ネットが張られたりと風情など全くない通りもある

しかしこの朝夷奈切通しは当時のままを残した数少ない切通しだ

もしかしたら此処も近い将来 自由に歩けなくなるかのせいもある

本当ならばもっと絞り込みたいところだが さすがに薄暗い此処ではそれも無理なことだった

これでも1/15 で撮影したが見事に手ブレしている(笑)


b0366473_09473588.jpg


今回の散策には写真家の中田千翔さんと錫作家の秦世和さんとご一緒している

彼らにはなるべく普通の人が訪ねないようなコースを用意するのだが

特別意識しなくても私が普段から歩くところはそんな場所かもしれない(笑)

普段からよく行く茶房にて季節の和菓子と抹茶を頂いた

此処は本当に好きな場所で一人でもたまに行くことがある

のんびりと庭を眺めているだけで気持ちが落ち着く

陽が当たるところを基準に露出値を決めたが意外と奥まで見えるのには驚いた

このフィルムも結構粘る

b0366473_09474287.jpg


さて肝心の現像液の効果はというと かなりな衝撃を受けた

『超微粒子』とされているこの現像液でLadyglayがどうなるか?はとても興味深かった

どの画像を見ても驚くほど繊細で黒もよく締まっていた

この現像液ならこのフィルムも十分に使える

R09 は確かにシャープネスは抜群に高いが粒子は出る

もちろんそれが「表現」だが この現像液の滑らかさはまた別の表現が可能になる


ブローニーで撮影された画像ならば その質感はなおさら実感できるはずだ

次はSilvermax とこの Atomal49 の組み合わせでテストする

驚く結果が期待できるだけにちょっと興奮している



また いつも私の無茶な散策にお付き合いくださるお二人には感謝したい

私のコースでお二人にとって何か新しい発見があれば嬉しく思う



OLYMPUS-35S
G.ZUIKO 42mm F1.8
Lomograpy Ladyglay400
Adox Atomal49 1+1 22℃ 12min.








[PR]
by pianoartech312 | 2016-10-22 19:00 | モノクロフィルム | Comments(0)