<   2017年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

b0366473_17400820.jpg


このコンタクトプリントにしても やはりテストピースが必要になる

印画紙を細く切って 一本のネガ(6カット分)をテストプリントするのだ

できるだけ輝度差があるネガを選ぶのがいい

ネガの濃度で基準となる露光時間を判断して 

その前後 数パターンの露光時間を与えて見る

例えば3秒から始めたとすれば 6秒・9秒・12秒・・・と言う感じで

なので上のシートのように縞模様のプリントが出来上がる

35mmフィルムは幅が細いので3通りくらいしかできないが

これも120サイズなら5通りくらいはできるかもしれない

その中から適当と思われる露光時間を読み取って実際のプリントとなる

コンタクトプリントにしろ 本番のプリントにしろ

このテストピースをプリントする時が私は好きだ

ここで露光時間を考え コントラストを調整するためのフィルターを考える

理想のネガだと思っていたのにネムいネガになっていたと判明するのもこの時だ

ここでメリハリのある絵が出てくると とても嬉しくなる


久しくコンタクトプリントをしていない

次回は時間があったらやってみたいなと思い始めてきた




[PR]
by pianoartech312 | 2017-03-25 19:00 | 現像関連 | Comments(0)

b0366473_17400822.jpg

ある程度の写真歴がある人や

モノクロフィルムの自家プリントをされる方なら「コンタクトプリント」をご存知だと思う

一昔前なら「べた焼き」と呼ばれたプリントだ

今は現像したフィルムをスキャナで読み取って閲覧することができるので 

それを代用にしている人が多いと思うし 実際のところ私もその一人だ

しかし 今になって思うとこの「コンタクトプリント」は実に「作品性」が高い

このシートからめぼしいカットを選び ネガと照らし合わせて印をつける

それをネガキャリアにセットして露光する

それが一連の流れだ

私はこのコンタクトシートだけでも十分に満足してしまう

一本のフィルムの約8割を一度に見ることができる(六つ切印画紙の場合)

このシートだけを集めてアルバムにすると それもまた面白いはずだ

ネガの原寸大なので35mmフィルムの場合は見づらいかもしれないが

120サイズなら見応えもある

今年の写真展には これらのシートも一緒に来場者に見てもらえるようにしたいと思っている




[PR]
by pianoartech312 | 2017-03-24 19:00 | 現像関連 | Comments(0)

b0366473_11145736.jpg

画像そのものは別のカットではあるが参考までに掲載した

この撮影時の現像処理がやはりイマイチだったので苦労した

ISO400 のKodak 400-TX をIE100 としてロジナールで処理

コントラストは下がるだろうと想像はしていたが

曇りという天候も手伝って想像以上にネムくなってしまった

ネガを見た段階ではさほどではないと思っていたから苦労した

左がストレート 右が3.5号フィルターを介して露光した写真

ネガがネムいと それなりの露光時間を与えないと黒が締まらない

なのでコントラストを上げるためにフィルターを介するのだが

その際に露光時間をコントロールするのが難しい

この写真の場合 向こうに見える雲の質感を壊したくなかったので

写真上部だけ露光を余計に与えている


b0366473_11145631.jpg

これも理屈は同じ

ただ時間がなくて覆い焼きをテストすることができなかったので

単にフィルターを介して露光したプリントになってしまった

あと1秒程度は露光してもよかったかもしれない

ただ先生からもアドバイスをいただいたが

これはキャビネサイズなので覆い焼きをするにしても細かい部分は難しい

せめて六つ切程度まで大きくなれば細かい部分の露光コントロールが容易になる

機会があれば この写真をもう少し丁寧に焼いてみたい

何れにしても向こうに見えるとんがり屋根がこの写真の全てなので

それを犠牲にしてはならない程度に露光しないといけない

ただロジナールによる処理で 適度な粒子の荒れが出たので雰囲気はある


やはり眠いネガにしてはダメだ

もちろん敢えてそうしたネガにして プリントでどこまでカバーできるか?に挑戦するのも良い

しかし今の私にはそれだけの技術は無いし あまり意味が無い

まずは「美しいネガ」を重要視して 今後もモノクローム写真に取り組んでいく



[PR]
by pianoartech312 | 2017-03-23 19:00 | モノクロフィルム | Comments(0)

La Fin Du Jour(7)

b0366473_16254057.jpg

【 モノクロフィルムの比較 】

今回の撮影ではちょっとした実験もあった

まずカメラをKマウントのRICHO XR1000s にして

レンズをYASHICA Auto Yashinon- DS 50mm にしたのだ

以前 「ネムいネガ」を作った組み合わせだ

しかしフィルムはAdox Silvermax で現像液は純正を使用

天候も晴れだったのでネムいネガにはならないだろうと思ってはいた

ただ冬の空は意外と明るくて 雲まではなかなか表現できない

良い感じの並木があって それらも含めて「冬」を表現したいと思った

そこでISO100 でも厳しい状況であるから 本来ならばND で減光するところを

YA-2 で同様に-2段として撮影することを選択した

これはちょっと勇気が必要だった

プリントする際にもコントラストを強調するフィルターを使用することが前提だ

それに解像度の高いフィルムとゾーンの広い現像液で処理されたネガはどうなるのだろう?

なのに独特の描写をするYashinon レンズを使用するのだから面白さも倍増だ

しかし結果はとても満足できるものだった

実際にこのカットもプリントしているが やはりこのフィルムのきめ細やかさが際立った

そして異常とも言えるゾーンの広さ故 どんな状況でも奥行きと背景の輝度差が生きた

心配していたYA-2 の影響も良い方向に現れて 空の雲までもはっきりと表現できた

これは新しい表現方法だと思う

ただYA-2 を装着した状態でのフォーカシングは大変難しい

まして背景が林のような環境だとマイクロプリズムがギラギラしてしまう

マット面でフォーカスすると視力の弱さもあって自信が無い・・・

実際に7カットもフォーカスアウトがあったし 甘いものも多くある

でもその甘さもまた良い方向に「表現」として現れてくれた


RICHO XR1000s
YASHICA Auto Yashinon-DS 50mm F1.7
Adox Silvermax21
Adox Silvermax Dev. 20℃ 1+29 11min.
with YA-2




[PR]
by pianoartech312 | 2017-03-22 19:00 | Portrait | Comments(0)

La Fin Du Jour(6)

b0366473_16000197.jpg

それでもやはり急ぎ足で園内を周り

閉園のアナウンスが流れ始めると焦りも感じた

ただ時計を見るとまだ20分以上はある

それなら初めに寄った納屋に行ってもう一度撮ってみようと考えた

今の時期だからこそ見られる斜光を十分に生かしてみよう

白い壁に直陽が当たればそれがレフになる

私がよく使う手だ

「もう一度、さっきの納屋に行ってみよう♪」

私が彼女に提案した

「怜さんはよっぽど気に入ったのね」

「気に入ったと言うより、さっきはあの雰囲気を生かせなかった」

「今の時間ならイケそう?」

「わからない。でもさっきよりは扱いやすいと思うよ」

今日は最後まで彼女のフルショットにこだわった

それでも最低限の情報を構図に入れると良い感じになる

今日の彼女の服装が花柄のワンピースなら ここは似合わなかった

間違いなく 私が撮影してきた女性の中で一番の高身長だ

それを活かさない手はない

体を壁に預けて微笑む彼女を春の日差しが眩しく浮かび上がらせる

短い時間だったけど 撮りたいと思っていた女性を思うように撮れて私も嬉しかった








[PR]
by pianoartech312 | 2017-03-21 19:00 | Portrait | Comments(0)

La Fin Du Jour(5)

b0366473_16251403.jpg

何とかして水面のキラキラを背景に彼女を撮りたいと思った

ちょうど池に注ぎ込む水路が良い具合にキラキラしていた

「自分の顔の中で好きなところはある?」

私は撮影する女性に必ず聞く

たいていの人は嫌いなところは即答できても

好きなところはなかなか言えない

しかし彼女は違った

「長いまつげ!」

言われてみてマジマジと彼女の目を見ると・・・

確かに長くて綺麗だ

「それ、本物?」

「当たり前でしょ!」

彼女が口を尖らせた

でも そう言いたくなるほどの見事なまつ毛だったのだ

「よし、それじゃ、それを生かそう♪」

ところが それがなかなか上手く行かない

まつ毛だけにフォーカスを当てれば難しくはない

でも今は背景のキラキラが欲しいのだ

それで彼女の横顔を後ろから狙った

右目のまつ毛が目立つようにしようと考えたのだが

彼女の唇が綺麗に輝いたのを見たら それに釣られてしまった

先ほどもそうだったが 彼女には失礼かもしれないけれど

彼女の横顔は本当に美しいと見とれてしまった






[PR]
by pianoartech312 | 2017-03-20 19:00 | Portrait | Comments(0)

La Fin Du Jour(4)

b0366473_17074665.jpg


「ここ、実は5時に閉園するのよ」

私は口にしていたコーヒーを吹き出すかもしれないくらい驚いた

「ええっ!?本当に?」

「そうなの。まぁ、子供を連れてくる親からしたら有難いんだけどね」

彼女が笑った

「そうだったのか!それじゃ、こんなノンビリしていられないな」

私たちは早々にゴミを捨てて席を立った

まだまだ行きたいところはたくさんあったのに

あと1時間もない状態で大丈夫なのか?と心配になった

まぁ それでも焦っても仕方がない

まずはこの池の周りで撮ってみようと思った

湖面の輝きを入れるには方角がうまく合わない

仕方ないのでそれは諦めるとしても

なんとか良い状況が作り出せないものか。。。

フッと彼女の方を見ると池の向こうを見つめている

彼女は手の使い方が上手い

自然と「クロスの法則」を実践するから天性のものだ

同じ「髪を触る仕草」にしても右手で右側を触るか左側を触るかで雰囲気は全く変わる

それが「クロスの法則」と言われるものなのだ

足の使い方も同じことが言える

彼女は足を揃えることをしない

それもまた天性のものだと感心する

彼女のプロフィールは実に美しいと思う

正面からの表情とはまるで違った人に見える

でもそれが私がイメージする彼女なのかもしれない

この瞬間を捉えることができたのは偶然だったかもしれない





[PR]
by pianoartech312 | 2017-03-19 19:00 | Portrait | Comments(0)

La Fin Du Jour(3)

b0366473_16250963.jpg

園内を歩きながら 雰囲気のある場所を見つけて彼女を撮った

はじめに1周しているから今は2周めということになる

でも最初には足を運ばなかった場所もあって 今度はそういう場所にも行こうと考えた

この公園にもちょっとした池があってボートに乗ることができる

その船着き場には軽食が採れるお店もあって何人かが外のテーブルでコーヒーを飲んでいる

ちょっとお腹が空いたからと 彼女はこの店に入り何かを注文している

私もコーヒーを飲もうと思って彼女に一緒に注文してもらえる様にお願いして外で待っていた

私が中を覗くと彼女がベンチに座っている

彼女の向こう側にあるドアのガラス越しに届く午後の光が彼女を照らす

その姿が実に綺麗だった

「どうしたの?」

私は彼女に近づいて声をかけた

「今から作るから少し待ってて下さい… だって♪」

「そうか」

私は彼女の言葉も上の空状態で聞き流す

「どうしたの?」

今度は彼女が私を不思議そうに見て言った

「そこに座っている君があまりにも綺麗だったから見とれていた」

彼女は笑った

「もし君が白いアウターでも着ていたら、もっと柔らかく顔が明るくなったはずだ」

「え?」

「今日は黒のレザーでしょ?だから影響が少ない」

彼女はまだ私の言うことが理解できていない様子だ

「撮ってみればわかる」

私はそのままの彼女をまず撮った

「少し手首が出るくらいにして顔のそばに寄せてごらん」

彼女は右手で左側の首筋を触る仕草をして見せた

「いいねぇ。。。」

その状態でシャッターを切ってみる

「ほら、それだけでも顔が明るくなるでしょ?」

私はカメラのモニターを彼女に見せた

「ほんとだ!綺麗♪」

元々 綺麗な人なんだから それなりのライティングを作ればさらに綺麗になるのは当たり前だ

そんなことをしているうちに彼女が注文したものが出来上がった

私と彼女は外のテーブルに座り 陽だまりの中でしばしのティタイムを楽しんだ


[PR]
by pianoartech312 | 2017-03-18 19:00 | Portrait | Comments(0)

La Fin Du Jour(2)

b0366473_16252553.jpg

ここはアンデルセン公園

もちろん あのアンデルセンだ

デンマークの童話作家

誰もが一度は何かしらの作品に触れているはずだ

ここも一度訪ねてみたかった

思っていたよりも整備された公園で 建物の作りもとてもいい

花壇には冬の花が色鮮やかに揃っていて

どこからともなくいい香りもしてくる

子供はもちろん 大人だって十分に楽しめる公園だと思う

でも今回も私は初めてだったので まずは彼女とこの園内を一回りしてみることにした

寒くもないが 時折吹き付ける風の中には まだまだ冬の冷たさがしっかりと残っていて

それでも一緒に運ばれてくる花の香りがそっと冬を押しのけているようにも思える

彼女はここの常連らしい

なのでガイド役になってもらいながら色々と話をしていた


「今日は何を着て来ようか迷ったのよ。。。」

彼女が本当に悩んだ末の今日の服装だと知った

「へぇ。そんなに考えることなんかないのに」

「でも『あまり華美にならないように』って怜さんが言うから・・・」

「普段、そんなに派手な格好をしているの?」

私は彼女のそんな姿が想像できなかった

「そうねぇ。。。意外と明るめの色で、派手な服が多いかしら」

「別にそれでもよかったのに」

「怜さんのイメージを壊してしまいそうで怖かったのよ」

「私がどんなイメージを持っていると?」

「それは分からないわ。でも怜さんの写真は『風景の中の女性』だと思うから・・」

「へぇ、それはすごいね。そこまで汲み取ってくれるんだ♪」

「違うの?」

「いや、君の言う通り。でも君は背が高いから存在感が十分だよ」

私は笑った

「まずは記念写真的に撮ってみよう。ここだとわかる背景を選んでみてね」

ショップが入った真っ赤な建物を背景にして彼女を捉えてみる

デンマークの国旗があれば、それっぽい

偶然にも風が吹いた

彼女の前髪を乱してしまったが それもまた悪くない

私らしからぬ派手な色になったが これはこれで記念になった








[PR]
by pianoartech312 | 2017-03-17 19:00 | Portrait | Comments(0)

La Fin Du Jour(1)

b0366473_16252918.jpg

初めて彼女に会ったのは ちょうど昨年の今頃だったと思う

彼女を見た瞬間 単純に「撮りたい」と思った

なぜなら すでにその時には私の頭の中に音楽が流れ 彼女を撮影するイメージが出来上がっていたから

彼女は顔をくしゃくしゃにして笑う

その笑顔がたまらなく可愛らしい

でも私のイメージは全く反対だった

彼女はいたってドライであり でも冷めているわけではない

雨が似合う女性で でも雨を楽しむことができる

真っ白な壁の殺風景なカフェの いつも座る窓側で

シトシトと雨の降る午前中を コーヒーを飲みながらハードカヴァーを読んでいる彼女がいる

話の中に入り込んだ彼女は 窓の外を見てはフッと微笑む

きっとそんな雨のシーンが小説の中で展開されているのかもしれないな

実に静寂な時間が流れる中で彼女は存在している


だから今日 彼女の姿を見て青系統の衣服に身を包み

レザーのジャケットを着て来たことにちょっと驚いた

なんだか ちょっとした外国人モデルみたいに見える

今日がどんな日になるのか

私も楽しみでならない




[PR]
by pianoartech312 | 2017-03-16 19:00 | Portrait | Comments(0)