Lady Lynda(6)

b0366473_18300436.jpg


【モノクロフィルムの比較】

今回の撮影では久々にMAMIYA645 を使用した

フィルムは2種類

400TX とFOMAPAN200Creative

天候が曇り空だったこともあって400TX を用意していた

午前中はそれが正解だった

Y2フィルターを使用することが前提だったからプラス1段になる

そして午後からは200でも十分な明るさが保たれたので良かった

この写真は80mm F1.9 を開放で撮影したもの

バルサム切れのレンズなのは以前から記しているが

極端に明るいレンズを開放にして撮影するだけでも甘くなるのに

そんな状況だから完全なソフトレンズと化してしまっている

背景が遠いのだから 2絞りくらいしても問題は無いはず

でも やはりこの明るさを活かしてみたいと思うのはある意味で「貧乏性」か(笑)

これもプリントしてみない事にはわからないが

どう言った描写になっているか?

今から楽しみでならない



MAMIYA645 Pro TL
SEKOR C80mm F1.9N
with Y2
Kodak 400-TX
Kodak D-76
1+1 21℃ 9min.




[PR]
# by pianoartech312 | 2017-04-14 19:00 | Portrait | Comments(0)

Lady Lynda(5)

b0366473_09321384.jpg

実は今回の撮影では 強風の為に撮影を断念せざるを得ない状況になった

そこはビルに囲まれた谷間の構造になっている為に

立っているのでさえも厳しいほどの強風だった

太陽は出ていたので見た目には綺麗な状況だっただけに悔やまれる

まぁ 良い方向に考えれば そのお陰でランチはゆっくりとできた

この広場のベンチで記念写真を撮影して

また何時ものように彼女にハードカヴァーを開いてもらい

イメージする音楽を聴いてもらった_

そうした時間もまたのんびりと出来たのだ

また季節を変えて・・・

やはり彼女は夏がいいかもしれないなと思っている

その時までに また色々とイメージを膨らませておこう


[PR]
# by pianoartech312 | 2017-04-13 19:00 | Portrait | Comments(0)

Lady Lynda(4)

b0366473_09320840.jpg


電車に乗って移動した後にランチタイムにした

ランチを採っている間に 空を流れる雲がだんだんと薄くなり

時々 雲の切れ間から太陽が出てくるようになった

先ほどまでいた場所に比べると ここは風が強く吹き抜けることが無い

それでも無風という訳でも無い

私はサイクルロードレースが好きで ヨーロッパ各地で開催されるレースをテレビで観戦する

本当に狭い路地をものすごいスピードで駆け抜けて行ったり

とんでもない石畳の坂道をただひたすらに登っていく選手がカッコ良い

しかし観戦する人たちは日本で言うなら新橋の居酒屋でテレビ中継される巨人戦に

なんだかんだと文句を言いながら観戦しているのと同じで

道端にあるカフェでビールでも飲みながら好き好きに観戦している

そんな風景がテレビに映し出されると今まさに彼女が歩いている場所がそんな場面と重なった

やはり次回 彼女を撮影する時は つばの大きな帽子をかぶってもらおう

オープンカフェでペーパーバッグでも読む姿が想像できる





[PR]
# by pianoartech312 | 2017-04-12 19:00 | Portrait | Comments(0)

Lady Lynda(3)

b0366473_09320699.jpg

結局 今年は「桜ポートレイト」を撮影しなかった

理由は無い

ただ自分の中で「乗り気」にはなれなかったことは事実だ

しかし 今日は街の中でも満開の桜がたくさん見ることができる

駅に向かう途中の坂道で そんな桜を背景に彼女を捉えて見た

桜は晴天よりも曇り空が良いと何度も記している

そういう意味でも今日は理想的だ

しかし敢えて編集時に極端にピンク色を出して見た

彼女は春が似合う

イメージの中では「夏」だったが

こうして見ると彼女の醸し出す雰囲気が「春」だと思った




[PR]
# by pianoartech312 | 2017-04-11 19:00 | Portrait | Comments(0)

Lady Lynda(2)

b0366473_09320283.jpg

彼女を初めて見た時に私の頭の中に

つばの大きな白い帽子をかぶり 花柄のワンピースを着て

真夏に オランダとかベルギーとかの郊外にある古い町の路地裏を歩いている姿が浮かんだ

ところが突然の雨に見舞われて軒のない煉瓦造りの建物の入口の

本当に身体一人入る程度の奥行きしかない場所で少しの間 雨宿りをしている・・・

そんな場面だった

だから少しでもそれに近づけるために 彼女とここを訪れた

晴れていたらまた違っていたかもしれない

でも時折 パラパラと細かい雨が降るような天気が良かった

今日は風が強い

大丈夫だろうか・・・




[PR]
# by pianoartech312 | 2017-04-10 19:00 | Portrait | Comments(0)