b0366473_11255565.jpg

カラーネガフィルムを選択するにあたり色々と情報を集め

今現在入手できる銘柄でどれが一番理想に近いか?を検証していた

候補は幾つかあった

しかし入手しやすいという面で今回はLomography Color Negative400 となった

Lomo といえばトイカメラの知名度が本当に高い

私はこのフィルムを一度も使用したことがない

それも今回選択した大きな要因になっている

トイカメラ用という立ち位置ではないが世間ではそういう見方が強い

それだけに面白い色や描写があって 決して美しくはないが個性的と言える

どんな絵が出てくるのかが楽しみでならない

ただ今回は正統派のカメラ・OLYMPUS OM-3Ti で撮影する

久々のカラーネガでのポートレイト

後日改めて報告することにしますね




[PR]
# by pianoartech312 | 2016-09-04 19:00 | アイテム | Comments(2)

b0366473_15370857.jpg

この連載も今回で最後にしようと思う

最後はKodak PORTRA400NC

これも現在はPORTRA400 として継続販売されているが

やはりNC とは少しだけ趣が違うように思う

シャープネスや発色は現行のフィルムが勝ると思うが醸し出す雰囲気というか

そんな表現はNC の方が好みだった

この写真はMAMIYA C330 にSEKOR 105mm F3.5 DS で撮影しているので

かなりカリカリとしているがそれでも柔らかさは失われていない


b0366473_15370391.jpg

この写真は現行のフィルムで撮影したもの

パッと見はあまり変化がないように思える

雰囲気も悪くないし元々のイメージは壊されていない

被写体やロケーションを選べばこちらの方がイメージに近いことも多くある

これはMAMIYA645 にSEKOR 80mm F2.8 で撮影しているが質感が実に柔らかい

薄暗い古民家の室内だったので外がオーバーになることを承知で撮影している

その分柔らかくなったのかもしれない

このフィルムなら今でも十分に使える

しかし問題は値上がり高騰が続き 本当に『高級フィルム』になってしまったことだ

粒子や解像度を気にしないのであれば同じKodak でもUltraMax などでも代用できる

もしくは一般ユーザー対象のフィルム・Kodak Super Gold400 でもいい

実は海外のマニアにはこの安価なフィルムでハッとするような作品を出す人がいる

それに触発されて「私もやってみたいな」と思うようになった

次回のポートレイトではカラーネガでも撮影しようと考えている

まだフィルムは決めていない

さて どうなるか。。。。





[PR]
# by pianoartech312 | 2016-09-03 19:00 | アイテム | Comments(0)

b0366473_20152311.jpg

今でも思うのは なぜコダックはこのフィルムを無くしてしまったのだろうか?ということ

この写真はKodak PORTRA160NC で撮影している

現行でもPORTRA160 は販売されているが この160NC とは全くの別物といえる

確かに現行のフィルムはシャープネスは高く それでいてコントラストも高過ぎない

ただ発色がイマイチなのだ

前回・前々回と紹介したFUJIFILMと比べるとイメージには近いのだが

過去にこうしたフィルムが存在していたことを思うと納得できない

救いはPORTRA400 が近い表現をしてくれること

コダック独特のアンバーに寄る発色がとても好きだった

この写真も色々なものが色かぶりとして影響しているが

それでも秋の午前中の光がやさしく彼女を包み込む雰囲気は良い

顔に直陽を当てずに手に持つ手紙をレフにして彼女の顔を持ち上げた

このフィルムは金髪の白人女性には最も効果的なフィルムだったと思う

髪の毛がとても綺麗に表現される

日本でもこれからの季節なら美しいライティングをうまく拾ってくれる


意外なことに 35mm判のPORTRA で撮影したのはこの日の撮影のみだった

120 ならたくさん撮影しているのでそんな意識がなかった

それなら尚更 使ってみようかという気持ちになる




[PR]
# by pianoartech312 | 2016-09-02 19:00 | Portrait | Comments(0)

b0366473_19352976.jpg

前回の写真と同じ日に撮影した中でもう一本のフィルムがあった

同じFUJIFILMではあるが PRO160C という今はもう存在しないフィルム

これも輸出用のフィルムだった

PRO400H と似た様な傾向ではあったがこのフィルムの方がスッキリしていた

感度の違いもあるが やや青み掛かる傾向だったかもしれない

今のイメージならこのフィルムだ

でも無いから仕方がない


今でき得ることを駆使して選択肢を少しでも広げられる様に試みている

しかしそれにも限界がある

そう思うとモノクロームフィルムは選択肢がたくさんあるのだと感心する




[PR]
# by pianoartech312 | 2016-09-01 19:00 | Portrait | Comments(0)

b0366473_19351323.jpg

MAMIYA35Ⅲ で色々なテストをしてみたいと考えている

夏も終わり これからの季節は色が豊かになる

そんな折にカラーネガで雰囲気のある写真が撮れたらいいなぁと思った

以前は本当にカラーネガばかりを使っていたから違和感はないが

その頃にも増して選択肢が狭まっている

この写真はFUJIFILM PRO400H という銘柄でプロユースだ

以前は輸出用しかなく国内で入手するには逆輸入に頼るしかなかった

しかしメーカーが多くの銘柄を製造中止にした中でこの銘柄を国内販売に転換した

独特の色がある

緑と青が多めに出るタイプで透明感があると評される

昨今の『カメラ女子』には大変人気が高い

私は嫌いだ

Kodak EKTAR とは違ってコントラストや彩度が低く

とても柔らかい絵になるが この発色が嫌いだ

この写真はストロボを使用しているため やや硬めになってはいる

桜が咲き始めた頃のぼんやりした空気の中での撮影ではこのフィルムは適当だった

でも嫌いだ(笑)

全く矛盾するが それでも次回の撮影で使用する第一候補だ

なぜか?

イメージする音楽がある

それがこのフィルムの発する色なのだ

繰り返す

私はこのフィルムが嫌いだ

でも使ってみるつもりだ(まだ未定だが…)




[PR]
# by pianoartech312 | 2016-08-31 19:00 | Portrait | Comments(0)