「ほっ」と。キャンペーン

b0366473_20325670.jpg

「何してるの?」

よく晴れた5月

東京郊外の大きな公園を彼女と歩いていた

「今日の怜さんを撮るの」

「なんで?記念写真ならあとで撮るよ」

「私を撮っている時の怜さんを撮るのよ♪」

「どうするの、そんなの撮って」

「だって、怜さんは自分で見たことないでしょ?私を撮っている時の自分の姿」

「そりゃそうだけど…」

彼女が何を考えているのか私には理解できない

それでも彼女は彼女なりに私を喜ばそうとしているのかもしれないな

「5月に怜さんに撮ってもらう時はいつも良い天気よね♪」

「確かにそうだね。君は新緑が似合うし、運も良いんだよ」

「今日はどういうコース?」


今日の彼女はよく喋る

きっと嬉しくて仕方がないのかもしれない

毎年5月は彼女を撮ることにしている

今年はどこで撮ることになるのか決めていない

でも 彼女には場所はあまり関係ない

その雰囲気がどこでも彼女にはよく似合うと思っている




[PR]
# by pianoartech312 | 2016-05-08 19:00 | Portrait | Comments(0)

b0366473_20325633.jpg

同じ皐月であっても そろそろ梅雨が近いかなと思う頃になると

空気感が変わってくるのがわかる

なんとなく湿気を帯びてくるからだ

そんな蒸し暑さの中で彼女はノースリーブのワンピースで現れた

日増しに木々の緑が濃くなり 彼らもまた潤いを待っているかのようにも見えた

「私、梅雨が嫌いだわ」

そうは言うものの なぜか笑顔で話す彼女

「なんで?私は好きだけどな…」

「いつも思うけど、怜さんは変わっているのよ。人とは反対のことばかりだわ」

彼女は笑った

でもそうかもしれない

「でも梅雨がないと農家の人も大変な思いをするし、こうした木々も梅雨があるから生き生きできる」

「わかってるわよ。でも嫌いなものは嫌いなの」

「梅雨空の雲の向こうにはだんだんと成長している夏の太陽があると思えば期待できない?」

「何を?」

「その先にある夏さ」

「夏も好きじゃないわ」

「でも今年の夏は君と鎌倉の海に行くことを約束した。楽しみじゃないの?」

「それは楽しみよ。でも暑すぎるのも嫌いなの」

「面倒な人だな…」

「怜さんほどじゃないわよ」

彼女も負けていない

でもこの年の夏に約束の鎌倉へは行ったものの

あまりの暑さに彼女が体調を崩してしまったのだ

この時ばかりはさすがに心配して世話をしたが

夕方になると何もなかったかのようにケロッとしてしまった

そしてまた私に対して色々と文句を言い始める

でもその言い方が可愛らしくて良かった

素直に「ありがとう」と言えば良いのに…



[PR]
# by pianoartech312 | 2016-05-07 19:00 | Portrait | Comments(0)

b0366473_20325626.jpg

昨年の5月に彼女と都内23区の外れにある公園に出かけた

緑が深く 少々薄暗い森の中だったが

本当に空気がみずみずしくて気持ちが良かった

気の早い紫陽花が咲いていて

それを眺める彼女の姿がなんだか可愛かった

「撮影する」というよりは

森の中を散策するニュアンスのことを彼女に伝えていたので

彼女もラフな格好だったのかもしれない

妙なのだが 彼女の着ている青がこの緑の中で映えた

よく喋る彼女だけど

時にこうして「少女」のようになる一瞬が私は好き

彼女にそのことを伝えると

「私の歳を知っているでしょ!」

そうは言うけど きっと嬉しいのだと思う

彼女は私と同い年なのだ






[PR]
# by pianoartech312 | 2016-05-06 19:00 | Portrait | Comments(0)

b0366473_20325648.jpg


皐月は何をするにも気持ちがいい頃だと言われる

本当の意味で「何をするにも」だと私も思う

特にこうした芝生の上で寝転がり

ウトウトとするにも気持ちがいい

空気は乾燥して

それでも気温は高くなるのだが

地面はまだまだヒンヤリとしていることが多くて

その感覚が心地良いのかもしれないな


そんなひと時を撮影することもまた気持ちがいい




[PR]
# by pianoartech312 | 2016-05-05 19:00 | Portrait | Comments(0)

皐月とポートレイト

b0366473_18540680.jpg

春と桜が嫌いだと 私は何度も記している

でもひと月が経過した皐月と新緑は好きだ

そしてこの時期に撮影するポートレイトは楽しみでならない

今年も少し無理をして予定を組んでいる

このひと月の間しか得られない空気感があるからだ

梅雨も好きだ

雨も好きだ

でも新緑はそれに勝る

仕事であれ 個人の趣味であれ

この時期に女性を撮影することができるのは有難い


そしてこの新緑をモノクロフィルムで収めるのもいい

連休が終わったら 早速始めることにする




[PR]
# by pianoartech312 | 2016-05-04 18:58 | Portrait | Comments(0)