5日間に渡ってアンケート調査を実施して

驚くことに17件のご回答を頂いた

本当にお手数を煩わせてしまいながらもご回答頂いた方には感謝申し上げるしかありません

もしかしたら「回答0」になるのでは?と心配もしていたので本当に嬉しかったです


早速 その結果を以下に記します





【モノクローム写真に関するアンケート結果】

第1位:フィルムと現像液の組み合わせ・・・理想のトーンを出したい(83.3%)

第2位:フィルムの選択・・・特徴などが知りたい(66.7%)

第3位:現像処理作業に関すること・・・なかなか上手く現像作業ができない(33.3%)

第3位:現像液の種類と性格・・・多くの現像液が存在して悩むことが多い(33.3%)

第3位:モノクロフィルムでの撮影に関するテクニカルな情報が欲しい(33.3%)

第6位:フィルムの購入について・・・販売しているお店を探しているけど見つからない(16.7%)

第6位:暗室プリントについて情報が欲しい(16.7%)


「その他」に関しては回答は無し




もちろん 本当の意味でのリサーチとしてはサンプルが少ないので

これに准ずるものではないかもしれないが

それでも多くの人が「フィルムと現像液の組み合わせ」による「理想的なトーンを出したい」と思っているのがわかる

次いで 「フィルムの種類・特徴や性格」を知りたいというご希望が多い

これは私もそうだった様に 色々と自分の目で確かめたいが難しいと言うのが現状だろう

もちろん 私は現在発売されている全てのフィルムを使用した訳ではない

ただ 比較的容易に入手できる銘柄で特殊なフィルム(赤外線フィルムなど)以外についてはほとんどを使ったと思っている

ちなみにC-41処理可能なモノクロフィルムは使用経験が無い

どうも使う気になれない・・・



この結果を踏まえて 今後 少しずつではあるが情報提供したいと思っている


まずは アンケートにご協力くださった方々へ 本当に心からお礼申し上げます

ありがとうございました!!




# by pianoartech312 | 2018-12-01 19:00 | 現像関連 | Comments(0)

b0366473_09272344.jpg

**アンケートは本日締め切り**


何かをマスターするには失敗を経験しながら進むもの

そして それには終わりが無い

それはあなたのアベレージ・レベルがどんどん上がるからだ

しかし振り返った時に あなたが如何に高いところまで来たかを実感する

そして今度は過去にあなたが悩んでいたことや不満だったことで苦しんでいる人を助けたくなる

きっとあなたもお仕事やその他の場面で同様の体験をしているはず

それが自然な流れだ

中には余計はお世話と言う人もいる

そう言う人はそれでも良い

でも 方法を知らずして無闇に取り組んでも時間の無駄でしかない

だからライザップが流行ったのだ(笑)


今回 私が行なっていることも あなたにとっては「余計なお世話」かもしれない

「お前の言うことは信用できないよ」

「お前 何様のつもり?」

そう思う人もいるはずだ

そう言うにも関わらず 私の記事を読む人は寂しい人だ

「見ず知らずの男で信用はできないけど、騙されたと思ってやって見るか…」

そう思う人は面白い人だ

つまり「行動を起こす人」だから

それで本当に騙されてしまったとしても その結果は成功への道を開いたことになる

もちろん私はあなたを騙したりしない

あなたがモノクローム写真を楽しむためにも

あなたの「アベレージ・レベル」を上げましょう


アンケート調査を続けて来たが今日で一旦締め切ることにします



【本日の写真データ】

MAMIYA C330
SEKOR 65mm F3.5
Kodak TX-400
D-76 1+1 25℃ 9min.
偶然の多重露光


# by pianoartech312 | 2018-11-30 19:00 | モノクロフィルム | Comments(0)

b0366473_12192832.jpg


モノクローム写真は本当に奥が深いのか?

現代のデジタルカメラではその場で画像が確認できるし

設定を変えればモノクローム写真が簡単に撮れる

そう モノクローム写真は決して敷居の高い写真ではないのだ

でも だから上手い人と下手な人の差が明確になる

誰でも簡単に入り込めることは全てそう言える


デジタルカメラで撮影した画像を何でもモノクロ変換すれば「モノクローム写真」にはなるが

それが「表現」として適切かどうかは疑問だ

これはデジタルだろうとフィルムだろうと関係ない

いくらモノクロフィルムで撮影したからと言っても「本物のモノクローム写真」とはならない可能性が大きい

もちろん表現は自由だ

それが撮影者である あなたの意図(イメージ)ならそれで良い

だけど多くの人はきっと満足していない

実は私もその1人だ

だから私は一昨年から暗室プリントで先生に師事する様になった

現像やプリント技術について質問をぶつけたり 

細かい点についてアドヴァイスを頂いたりして自分でもモノクローム写真の撮り方が変わったと実感している

それは今現在も変わらない

だからモノクローム写真は奥深い・・・どころか表現は無限であると思っているのだ

写真に限らず 世の中にあるもの全てに言えるが

選択肢が多いほど迷うのは当然で さらに言えば現代は情報過多でパニック状態だと言える

どれが本物か判断することから始めなければならないのは苦痛でしかない

一昨日からアンケートをお願いしているが お願いしている方の私も試行錯誤することがある

最近になってようやく「自分のスタイル」ができつつあるので以前ほどではないが

それでも色々な情報に触れるにあたり興味を持ってしまう(笑)

私が写真を本格的に始めた昭和50年代後半は本当にたくさんのフィルムが存在した

ただ反対に今ほど流通も整備されていなかったこともあって欧州のフィルムを見かけることはなかった

それでもコダックだけでも実に多くの種類があって 特にカラーリバーサルでは異常とも言えた

もちろん富士フィルム Konicaからもフィルムが モノクロフィルムが発売されていて華やかだった

お金のない高校生ではもっぱら富士フィルムしか選択肢はなかった様に記憶する(笑)

それでも良かった

写真部の先輩や顧問の先生からの指導 月刊誌だけが情報だったから迷うことも少なかった

でも 今は違う

だからあなたは悩んでいるのだと思う

それに私が応えることができると嬉しいと思っている

もちろん私の主観でしかない

でも最後は私の「主観」に反発して「オレは違うと思う!」と言ってくれる人が出てきてくれるのが理想だ

そうなれば 他の迷っている人が参考にできる「本物の情報」がもう一つ選択肢として加えられるからだ

撮影対象・機材・イメージは撮影する人の数だけある

迷っているあなたが 一番近いと思える人を探すのが近道だろう

幸いにも私は暗室プリントの先生と好みがほとんど一致していた

まずはあなたの不満や問題点を教えて欲しいのです



このアンケートは11月30日まで回答を受け付けます




ちなみに今日の写真は

MAMIYA645Pro TL
Sekor C80mm F1.9
Rollei Retro80s
Rodinal 1+200 20℃ 65min. Stand-dev.


# by pianoartech312 | 2018-11-28 19:00 | モノクロフィルム | Comments(0)

b0366473_19432925.jpg


大変失礼なタイトルで不快に思われた方もいるかもしれません

しかし もしあなたがモノクロフィルムの扱い・撮影・現像・プリントに関して

色々なサイトで色々な情報を集めているとしたら間違いなく今のあなた自身の結果に満足していないはず

だから色々と模索するのですよね?


では一体 何をそんなに悩んでいるのでしょうか?

あなたのモノクロ写真がイマイチな理由は何でしょうか?

撮影そのものでしょうか?

フィルムの選択でしょうか?

現像処理の方法でしょうか?

現像液の選択でしょうか?


あなたが最近撮影したモノクロ写真は どの様に撮影され どの様に現像処理されたのでしょうか?


昨日からアンケートを実施しております

あなたのモノクロ写真の疑問や問題点 不満を教えて下さい

もちろん無記名です

お気軽にご回答ください

今後のブログ記事を書く上で 是非とも参考にしたいと思っています


アンケートフォームはこちら↓↓↓








# by pianoartech312 | 2018-11-27 19:00 | モノクロフィルム | Comments(0)

b0366473_08490656.jpg





いつもこのブログを訪ねて下さり感謝申し上げます


何度となく述べておりますが私のこのブログを訪ねて下さる方はマニアックな方が多いと思われます


それは検索キーワードからも容易に想像できるのですが


同時に悩んでおられる方も多くいると思われます



私の記事の中で閲覧が多いのは 現像液関連の記事です


ついでカメラについての記事


確かにモノクロームの記事をメインに公開しているのですが


デジカメで撮影した女性ポートレイト関連の記事も多く公開しております


にも関わらず やはり閲覧が多いのはモノクロームフィルム関連


特に現像作業関連については圧倒的と言える頻度です



私も今でも何かに迷う時にはウエブサイト検索をして関連記事を読むこともあります


そう思えば 私の記事にも立ち寄ってくれる方々の気持ちが十分に理解できるのです



私はモノクロームフィルムの自家現像を始めて30年は経過しています


その間 多くのものが変わり もちろん時代も変わりました


しかし現像作業における多くの所作に変化はありません


多くの現像液とフィルムの組み合わせをテストしたりもしました


そして2年前から本格的に暗室プリントを再開して更に研鑽もしているつもりです




そこで私の経験が何かお役に立てないか?と思うこととなり


今回 このブログにお立ち寄り下さる方にアンケートを実施したいと思いました




以下のリストからあなたの今の悩み・問題を選択して下さい。


もちろんコメントとして記して下さっても構いません。


またアンケートフォームを作りましたので


そちらからご回答下さっても構いません


もちろん、無記名です。メルアドの記入も不要です。





アンケートフォームは↓↓↓↓↓



ぜひ 今のあなたの問題・お悩みを教えて下さい






【モノクローム写真に関するアンケート】


今のあなたのお悩み・問題点を教えて下さい(いくつでも選択可)



1:フィルムの選択・・・特徴などが知りたい


2:現像処理作業に関すること・・・なかなか上手く現像作業ができない


3:現像液の種類と性格・・・多くの現像液が存在して悩むことが多い


4:フィルムと現像液の組み合わせ・・・理想のトーンを出したい


5:フィルムの購入について・・・販売しているお店を探しているけど見つからない


6:暗室プリントについて情報が欲しい


7:モノクロフィルムでの撮影に関するテクニカルな情報が欲しい





ぜひ、お気軽にご回答ください。。。。

# by pianoartech312 | 2018-11-26 19:00 | 現像関連 | Comments(2)