女心と秋の空(1)

b0366473_13255804.jpg

まだ7月下旬と言うのに このタイトルは何と季節外れか!

まぁ 季語で使うセンテンスではなく 浮気心を表現してみたかったのだ(笑)

しばらくカラーネガフィルム(フィルムカメラ)ブームについてグチをこぼしたが

そればかりは私が何と叫んでも始まらない

なので私が思う「モノクローム」の魅力について独り言でも述べようと思ったのだ


さて 写真は数日前にも掲載した横浜・山手の洋館にあるタイプライター

書斎全体を見回すとこんな感じの部屋だったのだ

それはともかく やはりモノクロームで表現された絵がどことなく古臭い

ソフトフィルターを使用しているわけでもなく PS で加工しているわけでも無い

なのにどことなくネムイ絵になっているし 粒子も粗い

種明かしをすれば これはYASHICA Lynx14 にFOMAPAN200 を詰めて撮影した

現像はRollei Supergrain

この組み合わせで撮影したネガをプリントすると尚更古臭く見えるから不思議だ

しかし それがまたモノクロームの醍醐味でもあるように思えた


こうして見直してみると実に良い雰囲気だ

写真展に出品する作品撮りで120をメインに使用していたが

またこのカメラで撮りたくなった

今回の写真展には35mm カメラで撮影したものが2点あるが

どちらも半切に引き伸ばしても十分にみることのできる質感だった

粒子の荒れもなく 少し驚いたのだ

これならば35mm で撮影しても十分に対応できると確信できた

だから尚更 このカメラを使ってみたくなった

質感にしろ 雰囲気にしろ コントラストの高低にしろ

ハッキリ言って毎日のように好みが変わる

まさに「秋の空」状態なのだ(笑)

T粒子タイプのフィルムで撮影された極鮮明なモノクロームが魅力的に思える日もある

** このFOMAPAN200 も一応はT粒子タイプのフィルムだが…

でも「秋の空」でも良いのだ

それだけ好みに幅があったとしても それはブレではないと思う

明日はどうなるか?

それもわからない方が良いのかもしれない


ちなみに・・・・


b0366473_13260111.jpg


同じアングルで撮影した写真も掲載しておく







[PR]
by pianoartech312 | 2017-07-26 19:00 | モノクロフィルム | Comments(0)