2018年 02月 15日 ( 1 )

b0366473_15552870.jpg



今回のプリントは少々不満があった

撮影で使用したフィルムはKodak 400-TX

今回は新調したY2フィルターを装着

それとNDも併用して露出をコントロールした

全体的にはとても美しいネガにはなたが

実際にプリントすると物足りないのだ

ただ「好みの問題」の範囲であって暗室の店長に見せると

「僕はこの方が好きですけどね」

と言われることが多かった

実は何が違ったかといえばレンズだ

今まではSEKOR65mm をメインに使用していたが

今回はロケーションを考えても長いレンズだ有効だと考えて105mm を使用した

経験上 この105mm もシャープネスの高いカッチリした画像を結ぶ

少なくとも80mとは全く違う画質になることは十分に知っていた

なのに65mm に慣れていたこともあって 105mが「柔らかく」感じてしまったのだ

そう つまり「物足りない」は「柔らかい画像」になっていたと言うことなのだ

それぞれにストレートでプリントしたものと

2.5号フィルターを入れてプリントしたものをコピーした

あと考えられるのは現像だ

今回は超スタンダードな20℃ 1+1 10min.だったのだ

いつもなら21℃〜23℃にしてややコントラストを上げるのに・・・

今回はY2が入っていたこともあって「遠慮」してしまった

ただ今改めてプリントを眺めてみると これも良いなぁと思う

これが春に撮影されたものであれば文句は無い

わずか1℃の違い レンズの違いで画質はガラリと変わる

それがモノクロームの奥深さであり面白さだ

これもまた良い経験になった


MAMIYA
C330
SKOR DS105mm F3.5
Kodak 400-TX
Kodak D-76 1+1 20℃ 10min.

[PR]
by pianoartech312 | 2018-02-15 19:00 | 現像関連 | Comments(0)